2016年10月19日

半日単位の年休はどう決める?

こんにちは。今日は年休についてのお話です。

 当社は、年次有給休暇の半実単位での取得を認めています。始業9時、終業18時、休憩が12時から60分間となっているので、半日は午前・午後で分けて、午前は3時間、午後は5時間となります。
 そのため、従業員より、午前に半休を取ると1時間多く働いていることになる、という意見があります。午後の半休も自由に取れるので問題はないという意見もありますが、できるだけ不公平がないようにするにはやはり所定労働時間の半分ずつで区切るのが適切な方法なのでしょうか。ほかに良い方法があれば教えてください。

「半日」の定義はない

 年次有給休暇は、原則として一労働時間を単位とするもので、使用者は労働者に半日単位で付与する義務はないとされていますが、使用者が認めれば、半日単位で付与しても差し支えないことになります。

 この場合の「半日」とは、法令においては定めがありませんが、労働日における「1日」が午前0時から始まる歴日を単位とするのが原則とされているので、一般には、午前・午後をそれぞれ半日とするのが適当であるという考えがあります。このほうが労働者の休養にあてるという年次有給休暇の趣旨からしても、昼の休憩時間を境にすれば半日休暇が取りやすいという面があるでしょう。

 しかし、午前と午後で所定労働時間の長さに偏りがあると、この方法が正しいのかどうか疑問がでるのもやむを得ないところです。

 最終的には、使用者の判断で半日の単位の扱いを決めれば良いのですが、偏りがないように、1日の所定労働時間の半分の区切りで決めたとしても、質問のケースの場合、後半で半日休暇を取得した場合は、午前の3時間に加えて休憩時間帯にも1時間分勤務しなければならず、運用の面で使い勝手がよくないこともあります。

「時間単位年休」の活用も

 労働基準法では、労使協定を締結することにより、1年に5日を限度として、時間単位で年次有給休暇を付与できることも定められています。

 時間単位も可能にすれば、従来の午前・午後にそれぞれの所定労働時間分の休暇を取得したことになり不公平感も解消され、また半日まで必要がない場合に、必要な時間でを取得することもできるので、使い勝手も良くなります。

 このように、年休の管理で複雑にはなりますが、半日単位の与え方で不満や問題を抱えたままより、時間単位を取り入れたほうが良い場合もあるでしょう。

 時間単位の年次有給休暇は、導入にあたって労使協定に定めておくべき内容として、次の4項目が決められています。
  1. 時間単位年休の対象労働者の範囲
  2. 時間単位年休の日数
    (年5日を上限として定める)
  3. 時間単位年休1日の時間数
  4. 1時間以外の時間を単位とする場合はその時間数

 なお、年休の時間単位付与を導入した場合でも、半日単位の付与を残すことができます。したがって、時間単位での取得と半日単位での取得を使用する場合は、その扱いについても決めておくことが望ましいでしょう。




posted by 鶴田事務所 at 16:53| Comment(0) | 業務関連記事